遊休地を活用してアパート経営を行いましょう

所有する土地が遊休地になっている人や、土地があるけれど有効活用の仕方が分からないという人は意外と多いのではないでしょうか。
土地は所有するだけで税金がかかってしまいますので、更地のまま放置しておくよりもアパートを建てた方が固定資産税や相続税が低く抑えられて節税になります。
また、自分と配偶者が安定した老後を送るための資金や年金の足しにすることも可能です。

そうは言っても何の知識もなくアパート経営をするのはリスクが大きいです。
不動産投資の一番のリスクはローンですので、投資額の大きい鉄筋コンクリートよりも、まずは投資額の少ないアパート経営が初心者にはおすすめです。
アパートだと木造でも建てることができるのでローンを早く返済することができるのです。

そして、たとえ建物が古くなっても土地はそのまま残るため、価値がゼロになることはなく資産として残ることに違いはありません。
また、一定期間アパート経営をして資産を増やし、のちにアパートを取り壊してその土地に自宅を建築するという選択肢もあるのです。

不動産投資は信用取引とは違い、資産になるという点が大きな魅力でもありますので、将来に備えてアパート経営はおすすめです。