アパート経営を行う際は信頼できる管理会社を選びましょう

不動産投資は不労所得と考えられがちですが、入居者がいなければ経営が成り立たなくなるので、何もしなくてもお金が入ってくるという簡単なものではありません。
投資に対してどれだけのリターンを得られるのかを把握し、適切なタイミングでメンテナンスなどの管理を行い、空室を作らないといった利益を上げるための努力を惜しまないようにする必要があります。

不動産投資のみを本業にしてアパート経営に専念するのであればその時間を作ることは難しくはないでしょう。
しかし、昨今サラリーマン等多くの人が本業とは別にアパート経営を行っており、管理会社をパートナーとしてそのサービスを活用しています。

本業を持ちながらアパート経営をするならば、自己資金をどれくらい用意できるか、固定金利にするのか変動金利にするのか、ローンの返済期間を何年に設定するのか等、数多い決める項目を信頼できる管理会社に相談しながらひとつひとつクリアにしていきましょう。

ただし、公務員の方は業務と関連性が高い場合はアパート経営が不可となることが多いですので、内規を確認しておきましょう。
業者からは安定した職業ということでローンの審査に通りやすいため好待遇となるでしょう。

新着情報

2017年01月19日
  ホームページを更新しました。